ひとりごと





2/27   戦い済んで…



 世界らん展にて  美しさ、珍しさを競う戦いでもある



 


オリンピックが終わって、ちょっと拍子抜け?
毎回人間の限界が更新される度に、驚きと感動を呼ぶ。
その上で、戦う相手を思い、周りに感謝する姿勢は、見ていてほっとするものでもある。

一方、人間は武器で戦おうとする別の顔も持っている。
こちらは人類史始まって以来、途切れることなく続いている。
オリンピックはそれを一瞬忘れさせてくれるけれど、今も変わらず戦っている人々がいるし、身近で始まる可能性もある。
オリンピックの度に、本当の平和はいつやってくるのかと思う。

スポーツ全般、あらゆるゲームが戦いモードだ。
人間の身体でさえ、免疫細胞が細菌を攻撃し、細胞自身も破壊と再生をくり返しているという。
良き戦いを!というしかないのかな…?

そうこうするうちに、あれ?2月はもう逃げていく。
3月は去って、じきに桜かな? やれやれ…。



 





2/23   湾の隅 マスト集めて 春を待つ



 



 近代美術館近くの海岸


先月末に日本画家の堀文子展を見に、葉山の近代美術館へ行った。
白寿の画家の精力的な活躍ぶりに驚き呆れる。
99才に比べればまだ青二才の素人画家は、怠け癖を反省しつつ海へ…。

葉山のヨットハーバーで、絵を描こうと意気込んだけれど…。
まだ休業中で、ヨットたちは固まって乗り手が現れるのを待っていた。
気を削がれて?もっぱら写真撮影。
その傍らで、ウインドサーフィンや、立ちこぎサーフィンをしている人たちが…。
普通のサーフィンと違って、濡れないから冬でもいけそう。
気持ちよさそうだけど、やる気はない。

いろいろを横目で見て、夏になったらまた来ようと湾を後にした。



 立ちこぎサーフィン (Stand up paddle surfing) 





2/15   見ぃつけた!



 photo by Mint tea


日本中が雪まみれになっている時に、ミントティーさんはアフリカのコンゴへ出かけた。
何しに行ったかって?
究極のイケメンを探しにね。

それは深い森の中の高い木の上に棲む、ニシローランドゴリラ。
視力5.0、聴力も半端ない原住民ガイドに連れられて、鬱蒼とした森を探し回ること数日。
ようやく見つけた親子の群に、大感動だったとか。

宿泊は渡り廊下付きのひとり用ロッジで、夜中は周りでゾウやハイエナがうろうろ…。
おまけにダニとツエツエバエは遠慮なく部屋まで侵入。
蚊取り線香も虫よけもほぼ効果なく、身体中ブツブツで帰ってきた。

やれやれ、私にはとても耐えられない…。
東山動物園のイケメンゴリラ、シャバーニを見に行くんならいいけどね。



 photo by Mint tea
 カメラ目線?



 photo by Mint tea



 photo by Mint tea
虫がいなければ泊まってみたい、素敵なロッジ







2/11   春がきた!



 フクジュソウ


 ロウバイ



 マンサク



 フキノトウ  隣は誰かに食べられた?



春に咲く花には、黄色が多いんだそうな。
もうミモザの蕾も膨らんできた。
日本の春は黄色で幕を開け、サクラのピンクで頂点に…。

北国の春は遅いけれど、いっせいに花開くんだとか。
今年はいつになく大雪で今は真っ白だけど、その下で黄色も白もピンクも春を待っているに違いない。




 カワヅザクラ






2/5   ロシアの冬



 日本の冬 サクラ


 シジュウカラ



 メジロ




寒がり親子の会話

「凄い寒波が日本まで来てるんだから、ロシア辺りはどうなんだろう?」
「どうしてるんだろうね? 凍死したって話は聞かないよね」
「日常茶飯事だからニュースにならないとか?」

 ネットを調べる…

「ロシア人はマイナス60度以下で初めてセーター着るんだって!」
「ええっ!? 普段どうしてるの?」
「雪の中で裸で日光浴してる! 湖で泳いだり…」
「うそっ!」
「車も凍った道でドリフト走行を楽しんでる。プーチンも裸だ!」
「まじで?」
「ウオッカ飲んで陽気に冬を楽しんでるんだ。すげぇ〜!」

「零下になったとかいって、怖がってる場合じゃないね」
「うん、こたつでみかんとか、かなり軟弱だな」
「井の頭池で泳いで来たらどう?」
「泳ぐならネットサーフィンがいいね。濡れないし」
「こたつでみかんと変わらない…」




 シベリアから越冬にやってくるキンクロハジロ






2/1   スーパー・ブルー・ブラッドムーン



 


 



昨夜の皆既食月は、世にも珍しい現象だったそうな。
月の距離が地球に最も近づく「スーパームーン」と、月に2度目の満月となる「ブルームーン」、そして皆既月食により月が赤っぽく見える「ブラッドムーン」がすべて同時に起こったんだとか。
地域によっては約150年ぶり、日本では約36年ぶりだって。
覚えてないけどね。

カメラを新しくしたせいか、割と良く写った(らしい)。
でも遠過ぎてほんの少しの揺れがブレとなり、眠くなったのか、後になるほどボケてきて…。
世紀の天体ショウを最後まで観測することはできなかった。

次回は2037年1月31日だって?
私はもう星になっているかも…。


TOP