ひとりごと


2020


11/28   Go To 無料キャンペーン!



 秋川渓谷沿いの広徳寺にて


シッタカちゃんとシリタガリちゃんの会話


「コロナ君はかなりしつこい奴っちゃね」
「うん、どこかの大統領みたいだ…」
「Go Toキャンペーンもやっていいのか悪いのか、微妙だ」
「結局さ、割り引いた分は税金を使うってことだよね?」
「たぶんね。元は全部税金だな」
「つまり乗ったもん勝ちってこと?」
「そうなるか?乗らなきゃ損!損!」
「国が貧乏になる…」

「お金持ちは割引使わんで自分のお金で払ったらええやん」
「うん、社会奉仕だと思ってね。でもそんな奇特な人はおらんやろ」
「みんな割引きには弱いってことだな」
「経済を回すって、自分で回し車を回すネズミみたいだな」
「ネズミ年ももうじき終わる。来年はウッシッシな年にしたいね」

「サンタのお仕事」「Santa's Work」の Go To 無料キャンペーンは…
12月1日17時までです。
税金は使いませんので、是非お求めくださいませ!




 小判が落ちていると思えば…ウッシッシ






11/25   ラジオを聴こう!



 チョウにも耳があって、人の声が聞こえるらしい


最近、台所にラジオを置き、炊事をしながら聞いている。
その昔、ながら族だったこともあり、馴染みの感覚が懐かしくもある。

ラジオと脳の関係を研究している人もいて、その良さは実験で証明されているらしい。
脳科学者の加藤俊徳氏は「脳を強化したければ、ラジオを聞きなさい」とおっしゃる。
想像力、判断力、理解力、記憶力等々、脳全体が鍛えられるんだそうな。
子供の成績も上がるというから、聞き捨てならない。

テレビをただボーっと見ているのは、脳に良くないとか。
ラジオを聴くと脳が活性化して老化防止にもなる。

聴く力は生きる力でもある!





11/21   チコちゃんに褒められる?




  キョエちゃんと岡村さんの会話
黒はキョエちゃん 青は岡村さん


「ねぇねぇ岡村!キョエの四股名を考えたよ!」
「へぇ、勢い余って角界にデビューするのかい?」
「東京都江戸川区出身、烏部屋 巨江黒龍!」
「強そうだね。もう貰い手ないかも…」
「ふん、烏部屋一のコワモテさ」
「でもチコちゃんには敵わないだろ?なんたって大人を叱る5歳だし…」

「そうそう、5小ってチコちゃんのこと?5歳で小学生?」
「いや、百合姉さんが決めた第三波の五つの約束事だ」
「標語好きだねぇ、GoToキャンペーンの続きか?」
「小人数、小一時間、小声、小皿料理、小まめな換気だって」
「飲み会の話?人間ってメンドクサイ生き物だな」
「集まって食べたり飲んだりが好きだからね」

「カラスだって集まって情報交換するんじゃない?」
「最近は自粛で生ゴミが減っちゃったからね。食料確保も楽じゃない」
「へぇ、コロナの影響っていろいろあるんだね」
「皆ね、苦労してるんだ。ボーっと生きてんじゃねぇのよ!」
「チコちゃんに褒められそう…」



木守り柿(来年もたくさん実がつくように…烏にお裾分け?)






11/15   新刊出版


 


電子書籍、「サンタのお仕事」 と、

英語版の「Santa's Work」 を出版しました。

MichiyoさんとCaroleさんの翻訳で、海外出版も叶いました。
おふたりの御協力に、心から感謝申し上げます。

クリスマスが間近となり、サンタクロースも準備に忙しい頃でしょう。
サンタのお仕事は、一年にたった一晩のお仕事ですが、時には失敗もあり、思いがけない出来事も起こります。
そんなサンタの裏話が3作入っています。
童話のコーナーで掲載していたものを、リニューアルしてまとめました。


PC、スマホなどでも読むことができます。
(アプリは、Amazonのリンク先の「利用可能な端末」から合うものを選べば、無料でダウンロードできます)

無料キャンペーンは、11月26日17時から12月1日17時迄です。





11/7   多数決 僅差で決まる 赤と青



 パンパスグラス 神代植物公園にて


海の向こうの大国では、赤と青の闘いが凄まじい。
文明国なのか?と疑うような大騒ぎで呆れるばかりだ。
川向こうの火事とはいえ、沈下後もくすぶっていそうで落ち着かない。

大き過ぎる国って、統率をとるのが難しそう…。
民主主義も、意見が半々だと始末が悪い。
その点もうひとつの大国は、国民を牛耳る力が半端なく強い。

どちらも一長一短、我が国としては全集中の呼吸で!見守るしかない?


TOP