ひとりごと


2022


8/13    女性に平和を!



 デージーの花言葉は「平和」


「あなたは天国に、私はまだ地獄にいます」
この言葉は、戦争で夫を失ったウクライナ女性の言葉。

「背中に背負った子供の頭が燃えていないか?足があるか?
手探りしながら逃げた…」
これは、太平洋戦争の空襲での義母の体験談(義父は既に戦死していた)

これまで数え切れない戦争の中で、こんな思いをした女性がどれだけいただろう?
戦争で戦わずに犠牲になるのは女性と子供。
ふと、女性が国の長になれば、戦争はなくなるのではないかと思った。

動物は雄同士戦って縄張りを広げ、雌を獲得し子供を残す。
雌を得るためには別の雄の子供を殺すこともある。
人間も動物。こんな仕組みが人間にもあるとすると…
男性社会では戦争は避けられないのかもしれない。
事実、世界中から戦争がなくなったことはただの一度もない。

ヘレン・ケラーの言葉より…
「女性たちは発見した。正義を与えるために男性の騎士道に頼ることはできないと」






8/8    都会の大木



 


都会では、大きな木が徐々に姿を消している。

近所のお宅に2階の屋根より高い松の木がある。
このところの雷や台風に恐れをなして、とうとう上の方を切ることに。
ちょうど我が家の窓からよく見えるので、切る様子を見学?

プロの仕事は手際がいい。
切る人、下で構える人たちの連携プレーが鮮やか。
二日がかりの大仕事だった。

松の寿命は500〜1000年という。
なんとか半分残ったものの、あとどのくらい生きられるだろうか?
都会の大木の宿命とはいえ、ちょっと哀れな姿になった。



 命綱を腰に、電ノコで下から順に枝を払っていく


 幹はロープで固定して切り、滑車を使って下ろす


 太い部分はクレーン車でゆっくりと…






8/2    止まってくれるスイス



 誰もが立ち止まる風景  逆さマッターホルン


横断歩道で車が止まってくれないと、嘆いている我が国と違って…
必ず止まってくれる国があるのを思い出した。

スイスの車はいつでもどこでも歩行者優先。
人が渡ろうとしただけで、必ず止まる。
運転手も渋々ではなく、当たり前のようににこやかに…。

根が優しいのか?交通規制がよっぽど厳しいのか?
歩いているのはほとんどが観光客だから、お客さんに親切にしてるだけだって?
雄大な自然に囲まれた国の余裕じゃないの?たぶん。
日本は狭い上に人も車も多すぎる…。

スイスの旅の記録をもう一度ご覧になりたい方は、2016年7月へ!
少しは涼しくなるかも…?



 道を横切るヒツジは止まってくれない



 通り過ぎるまで、こちらが待つ…




TOP