ひとりごと





10/17    妖精が クッキー焼いてる 秋日和



 カツラの葉


木々の間を歩いていると、どこかでお菓子を焼いているのかと思うような甘い香りがする。
見上げると、ハート型の葉を広げたカツラの木が…。
キャラメルが焦げたような、そうそう、綿菓子のような匂いでもある。

雨の後は、自然の香りとは思えない程ちょっと強烈。
「あらまぁ、お菓子焦がしちゃったの?」といいたいような…。
こう雨続きだと、あちこちの森や林で新米ケーキやさんが開店しているかも…。





10/12    実りの秋 U



 



 手前はソバの花



 


お隣の甲斐の国では、稲刈りの真最中だった。

国会は解散総選挙で大賑わい。
刈り取った後に、どんな田んぼになるのやら…。
雑草ばかり生えてきそうで心配だねぇ。

最近は、有名なお米の販売量が生産量を上回るという怪現象もあるって?
こしひかりの顔をして、実は… なんてこともあるらしいよ。
あちらは大丈夫なんだろうか?





10/10    実りの秋



 ブドウ



 



 アケビ



 


先週、信州伊奈の辺りを旅した。
紅葉にはまだ早かったけど、果物や木の実があちこちに…。

出会った人々も、それぞれに個性的。
ある程度の年齢になると、自分が何をしたいのかが明確になり、ひたすら我が道をゆくタイプが多くなる。
そんな人は行動力もあって、外へ出かけるということでもある。

人間は、年を取ると丸くなるというけれど、果たしてそうだろうか?
身体は弱ったとしても、気分の方は拘りがより強くなる気がする。
丸くなったとはいえないような…。
私自身も含めて、頑固者が増えるのだ。
それがまた際立って、面白くもある。

木の実もみんな個性的。
みんな違ってみんないい。



 サンショ



 ノブドウ



 ガマズミ


TOP