ひとりごと


2024


7/15     図書館へ行こう!



 鉄造形家、小沢敦志作「一冊の街」 2011年立川市民ギャラリーにて


最近、散歩がてら図書館へ行くことがある。
静かで涼しい場所で、本は読み放題、気分転換にもなって、一石三鳥?

かなりの人がいても、シーンと静か。
ひとりひとりが別の世界に没頭している。
孤独なようで孤独ではない、不思議な空間。

小説はじっくり読まなければならないので、借りるしかない。
そんな暇はないので、手に取るのはもっぱら雑誌かノウハウもの。
行き当たりばったりで興味を引いた本を手に取り、斜め読み。

ふーん、こんなことを考えて活字にする人もいるのね。
ふんふん、いいアイディアね、真似してみようかな?
ちょっと得した気分になって、また散歩の続きを再開。

先日、小学生が本をたくさん抱えて返却に来ていた。
まだ読書好きな子供が生き残っていたのね…。





7/9     選挙 U



 


都知事選は、投票率が大幅にアップ。
想定外の立候補者数に都民が驚き、これはいかん!と奮起したのか?
政権調査のお決まり文句、「他の政党よりよさそうだから」という、
ちょっと消極的な流れとなった。
有象無象の立候補者が、現都知事を持ち上げたようにも見えた。

選挙前日の夕方は激しい雷雨に見舞われた。
当日はカンカン照りの猛暑日。
東京のこれからはどうなることやら…。





7/3     選挙 T



 この中から選べって??


今はあちこちで国の代表を決める選挙シーズンなのか?

大国の代表として登場したのは、お年寄りが二名。
おかしなおかしな二人が、お互いに罵り合っているだけ。

オリンピックを目前に控えたかの国も、何やら騒々しい。

我が国はというと、何もやらない姿勢が功を奏し?人気はウナギ下り。
選挙には尻込み中。

代わりに?首都の代表選挙が間近。
ひとり決めるのに、なぜかおかしな候補者が山積み。
被選挙権さえあれば、何の歯止めもないとは驚き!

国や首都の代表によって、その国の様子も違ってくる。
多過ぎてげんなりしていても、よーく睨んで投票には行こう!



 みんな同じに見える…?


TOP